【ポケモン都市伝説】ネンドールの「だいばくはつ」の意味

ネンドール 都市伝説

ネンドールというポケモンにまつわる都市伝説です。

このポケモンの覚える「だいばくはつ」のレベルにはある意味が隠されているといわれているのですが、真相はどうなのでしょうか?

ネンドールについて

nendoll2

ネンドールは第3世代(ルビー・サファイア)から登場した、地面・エスパータイプのポケモンです。

分類は「どぐうポケモン」で、粘土+doll(人形)が名前の由来となっています。

その名の通り、縄文時代に日本で作られていた土偶のような見た目をしています。

ネンドールの都市伝説

そんなネンドールの都市伝説は、ネンドールが覚える技とレベルに関係があります。

ネンドールはレベル86で「大爆発」を覚えます。

これは、1945年8月6日に広島に落ちた原爆を意味しているのではないかという話です。

これだけでは、こじつけに聞こえてしまうのですが、この説には根拠があります。

ネンドールが初登場したルビー・サファイア(第3世代)では「大爆発」を覚えるのはレベル55でした。

しかし、ダイヤモンド・パール(第4世代)になってからレベル86で覚える技に変更されたのです。

ダイヤモンド・パールで覚える技のレベルが変更された過去作のポケモンは、伝説のポケモンとネンドールのみです。

伝説のポケモンではないネンドールの技のレベルが変更されたのは、戦争を意識してではないでしょうか。

ネンドールの図鑑説明文に隠された秘密

nendoll3

ネンドールの図鑑説明文には、このような文章が記載されています。

古代の泥人形が怪光線を浴びたことで命が宿りポケモンとなった。(DPP・BW)

「怪光線を浴びた」

怪光線というのは、原爆によって発生した放射能のことを指しているのではないでしょうか。

また、この説明文はダイヤモンド・パールに記載されています。

前述した大爆発のレベル変更と同タイミングというのが怪しいですね。

あとがき

この説はダイヤモンド・パールの発売当初から有名でしたね。

しかし、有名になり過ぎたせいか制作側の耳にも入ったらしく、第5世代のブラック・ホワイト以降は大爆発を覚える技が変更されてしまいました^^;

このことから、戦争や原爆のことを意識していたのは間違いないと思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ