【ポケモン都市伝説】ナックラーのじわれ

ナックラー 都市伝説

ナックラーというポケモンについての都市伝説です。

ナックラーが覚える「じわれ」という技にはとある噂があります…。

ナックラーについて

nuckrar_card

ナックラーはポケモン第3世代(ルビー・サファイア・エメラルド)から登場するポケモンです。

単体の地面タイプであり、分類は「ありじごくポケモン」です。

進化することでドラゴンタイプも獲得し、強力なポケモンになります。

ナックラーの都市伝説

そんなナックラーに囁かれている都市伝説は、第2次世界大戦で起こったある出来事に関係しているというものです。

それでは、その理由をご覧ください。

ナックラーの名前の由来

ナックラーの名前の由来は「ありじごくポケモン」ということもあって、日本語の奈落のアナグラム(文字を入れ替えた造語)という説や、アゴで獲物をかみ砕くことから、英語でクルミ割り器を意味するnutcracker(ナットクラッカー)といわれています。

しかし、ナックラーを英語に直訳するとこんな意味になります。

  • 原子核
  • 核兵器の

出典元:weblio

核兵器や原爆という意味です。

これだけでは偶然のような気もしますが、さらなる根拠があります。

ナックラーのじわれ

ナックラーは「じわれ」という技を覚えます。

決まれば相手を一撃で倒すことができる強力な技で有名ですよね。

地面タイプであるナックラーが覚えるのは割と自然なことなのですが、覚えるレベルに注目です。

ナックラーがじわれを覚えるのはレベル89です。

この89という数字に意味があります。

日本では昔、1945年8月9日に長崎市へ原爆が投下されました。

原爆の威力は地をも割るといわれています。

つまり、レベル89で覚えるじわれは、長崎市に落ちた原爆を意味しているのではないでしょうか。

フライゴンへと進化するレベル

nuckrar_shinka

ナックラーは、ビブラーバ⇒フライゴンの順に進化するポケモンです。

そして、最終進化であるフライゴンへ進化するレベルは45です。

これは、1945年を表現するためといわれています。

原爆が投下されたのは1945年8月9日。

終戦したのは6日後の1945年8月15日です。

戦争を知らない今の子供たちへのゲームフリークからのメッセージなのかも知れません。

あとがき

戦争や事件を匂わせるポケモンは数多くいますが、ナックラーは意外でしたね。

ただし、制作側にも噂が伝わったのか、BW2以降はじわれを覚えるレベルが変更されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ